今昔物語

まるさ今昔物語 ~(有)佐藤修商店の歴史~

当社は、昭和35年に「ちくわ」工場として開業しました。
昭和39年の東京オリンピック開催に伴い、新幹線が開通し、東名高速道路も開通した頃、当時は、主に土産品として「ちくわ」を製造しておりました。

昭和40年、「有限会社佐藤修商店」を設立

高速道路のSAやPAを中心に、帝国ホテルの手がける新幹線車内販売などへと、事業を展開していきました。
時は流れ、高速道路ビジネスが発展していく中で、当社は販売地域を広げ、お客様に直接触れ合うことのできる対面販売なども行うと共に、羽田空港内売店への納品、やがて全国のスーパーや、問屋、魚市場との直接取引をさせて頂けるまでに成長。現在では、地域小学校、幼稚園にも品物を収めております。

「お客様に安心、安全なものを食べていただきたい」それが、当社の創業当時から、もっとも大切にしている大きな想いです。

地元地域の一市五町(神奈川県内 南足柄市、大井町、開成町、中井町、松田町、山北町)で唯一の練り製品製造会社として、日々、お客様に愛される商品作りを目指して邁進しております。
 

~当社のこだわり~

現在、当社では、でんぷん、卵白といったつなぎを使用しないアレルゲンのない商品、食品添加物の使用を極力抑えた商品にこだわってかまぼこの生産を主に事業を行っています。
  
一般的に蒲鉾を作る際には「でんぷん」「卵白」をつなぎとして使用しますが、当社の蒲鉾は、それらつなぎを一切使用せず、無澱粉・無卵白で造りあげます。これにより、卵アレルギーの方でも安心してお召し上がり頂けます。
また、当社が製造するほとんどの商品には、合成着色料・保存料も使用しておりません。これは昨今の消費ニーズとして「健康志向」が高まっている事を受け、当社の蒲鉾は添加物を出来るだけ使用せず、魚本来の美味しさを活かした商品造りを目指しております。

Scroll Up